脂肪細胞のカラクリについて

減量などを行っているときに脂肪細胞という用語を耳にすることがあります。こういう細胞は脂肪の制作や解体、こういう他に貯金をする細胞で、こういう貯金本数が多くなってしまうと肥満に通じるのです。今まで、脂肪細胞はいる年まで継ぎ足し、それ以後は数は伸び悩むものの、脂肪の本数によって分量が変化すると思われていました。けれども、こういう定理と相反する統計か、最近出てきていらっしゃる。それは一定の年を過ぎてもその数が増えると言うことが分かってきたのです。かつては、脂肪細胞が付くのは、思春期、お子さん期、胎児期に限定されていました。しかし現在ではこの時期を過ぎても数が広がるので、ディナーの際には気配りをしなければいけません。こういう細胞にはジャンルがあります。それはホワイトの物と褐色といわれるものだ。脂肪を蓄積する本質があるほうが、ホワイトの脂肪細胞だ。全身で生まれた中性脂肪は、脂肪細胞の中に溜めこまれます。脂肪をエナジーに変えるメカニズムを持つ褐色脂肪細胞のユーザーは、大人になるとだんだんと少なくなっていきます。これは交替とも関係してあり、年齢を重ねると脂肪がつき易くなると言うことに関係していらっしゃる。褐色の脂肪細胞が鎮まると、肥満の危険が伸びると言われています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ